ダブルのマイホーム発電で
家計にも環境にもやさしい暮らし

「エネファーム」と「太陽光発電」。それぞれの発電のしくみは違いますが、どちらも「エネルギーを使う場所でつくる」という発想を持つ発電システムです。太陽光エネルギーをそのまま利用できる「太陽光発電」と、24時間安定した電力を供給できる「エネファーム」。この2つを組み合わせた「ダブル発電」は、環境性、快適性、経済性に優れた、理想的な発電システムです。

ダブル発電のしくみ

ダブル発電なら、太陽光発電があるからエネファームで発電するための燃料を抑えることができ、太陽光発電の天気による発電量を、エネファームの24時間安定して電力を供給できるシステムが補ってくれます。

ダブル発電でCO2排出量を大幅削減

エネファームと、太陽光発電のCO2削減量を合わせると約4.2t。
ダブル発電でCO2削減効果がさらに高まります。

CO2換算値=電力:0.69kg-CO2/kWh
出展:中央環境審議会地球環境部会目標達成シナリオ小委員会中間とりまとめ(H13.7)
LPG:0.0587kg-CO2/MJ出展:地球環境産業技術研究機構「厨房、空間、発電用途での温室効果ガス排出量調査」、杉の木1本あたりのCO2吸収量を約14kg/年として換算
出展:環境省林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策(H.14)」

ダブル発電で「売電量」が増える楽しみ

太陽光発電でつくった電気は電力会社に販売(売電)することができます。生活用の電気をまかなうエネファームとの併用で、売電量を増やすことが可能になります。

出展:当社が実施した定置用燃料電池大規模実証事業データによる
光熱費は、電気・ガスを対象とした独自試算。電気料金は電力会社(関東地区)の平均単位、ガス料金は当社特別単価にて算出。

レモンエコパワーのマイホーム発電

  • エネファームはこちら
  • 太陽光発電はこちら
  • ダブル発電はこちら